4週間後もつやつやなネイルを維持するには

こんにちは。

千葉市花見川区ネイルサロン サブマリーネイルの福江です。

 

ジェルネイルも4週間経つと…爪も伸びてきて、そろそろ付け替えだなという時期が来ますよね。その時、ご自分のジェルネイルを見てみてください。

「付けたときのツヤ、残ってますか?」

家事や仕事で手は酷使されているので、ジェルネイルは傷つきやすい環境にさらされています。「硬いから大丈夫でしょ」と思われる方もいらっしゃいますが、決してそんなことはないんです。

ジェルネイルが出始めたころに比べたら、ジェルネイル自体の質はとてもよくなったと感じます。昔は…

  • 色の濃いデニムでこすると、デニムの色素がついてしまう
  • ミカンやオレンジの皮をジェルのついた爪で剥くと、オレンジの油分で溶けてツヤがなくなったりジェルが取れてしまう
  • 温泉の成分によっては、ジェルネイルがペロンと取れてしまう

などなどいろんな現象がありました。

今はそこまでのことはなくなってきた感じがしますが、なんでも耐えられるものではありません。

ジェルネイルは付けたら終わりではなく、メンテナンスを正しくしていただくことで「美しいツヤ」を維持し、取れたり欠けたりすることも避けられるようになるんですよ!

【正しい取り扱い方】

  1. 洗剤(食器用・お風呂用・漂白剤など)を使う時は、ゴム手袋を使う。
    素手で洗剤を使うと、少しずつですがジェルネイルの表面がつけて曇るようになってきます(ツヤが消えます)。表面のツヤが消えると、汚れが付着しやすくなりさらにツヤがなくなります。
    ツヤだけでなく、先端から剥がれやすくなるなどジェルネイルの持ちにも影響します。
  2. スポンジやたわしなどを握るときも、爪の表面や先端に当たらないようにする。(やっぱりゴム手袋を使いましょう)
    爪先は神経が通っていないので、ものに触れている感覚がないんですね。だから物に当たって少しずつ削られていることに気づかないんです。気づいた時には、ツヤがなくなり、ジェルが剥がれていた…ということも。ジェルネイルは万能ではないんです。
  3. 爪の裏側を保湿する。
    爪の裏側はとてもデリケートで、ちょっとしたことで皮膚から爪が剥がれてしまうのです。剥がれにくくするには、乾燥させずに保湿された状態をキープすることなんです。そうすると、爪にも柔軟性がうまれ、ダメージを受けにくくなります。

 

ジェルネイルはお店を出た後、お客様のお手元に4週間ずっとついている状態です。お客様のメンテナンスがとても重要なんです。

 

当店にお越しくださるお客様は、4~5週間周期でお付け替えにいらっしゃいます。
つやつやで戻ってきたジェルネイルのお客様にいろいろ質問してみたところ…

「ゴム手袋はちゃんと使うようになりました!」

ということでした。とても納得!


つやつやで浮いたり欠けたりせずに5週間経過

いつもありがとうございます♪

きれいなことには、理由がある。
正しいジェルの取り扱いをありがとうございます。

当店ではジェルネイルの付け替え時期は4週間をおススメしています。

何度もご来店いただいている方で状態が安定している方、扱いに慣れている方に関しまして、5週間以内のお付け替えもOK!

特別な理由がない限りは、安全面・衛生面からも5週間以上はご遠慮いただいております。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です