ジェルネイルの最適な装着期間は?

こんにちは。
千葉市花見川区ネイルサロン サブマリーネイルの福江です。

 

「(ジェルが)取れないから2ヶ月くらいはそのままでもいいかも」

というお話がありました。

ジェルがそれだけ持って、トラブルなく過ごしていただけたことは本当に嬉しいです!そしてお客様のセルフケアあってのことですので感謝いたします。

ですが、いくら取れないからといって、2ヶ月はやっぱりご遠慮いただきたいのです。

じゃあ最適な期間って??
それは3〜4週間がベストだと言えます。


4週間強で、これだけ伸びます

 

それにはいくつか理由があります。

  1. 4週間経つと爪が5mm弱伸び、爪の先端に負担がかかる長さとなるから。

    新しくジェルネイルをセットするときは、その時の爪の長さが4週間後伸びたことを想定して、強度やフォルム(形)を付けています。4週間を越えてきますと、その強度やフォルムのバランスが崩れ、伸びた爪の先端に負担がかかり、浮いたり剥がれたり、ベースのジェルが中で浮いていたりなどトラブル発生率が高くなります。

    そうなると、せっかくフィルインをしていても、次回そのベースを使うことができなくなり1から土台を作ることになり、時間の負担や自爪への負担をおかけしてしまうことになります。

    安全にジェルネイルを楽しんでいただくためには、装着期間を守っていただくことは大前提となります。

  2. ジェルネイルの素材が4週間以上付けていると表面が劣化してくるから。

    ジェルネイルの素材はアクリル樹脂なのですが、やはり万能ではなく、毎日の水や洗剤、物理的な刺激により日に日に劣化していきます。ジェルメーカーさんも、「4週間装着」することが可能な商品としています。

    劣化したジェルは、たとえ見えなくてもヒビが入っていたり、浮いていたりすることがあり、そこからグリーンネイル(緑膿菌感染)が発生することもあります。
    安全面・衛生面からも4週間を越えての装着には、注意する必要があり、当店としてもおすすめいたしません。

  3. 爪が伸びることで単純に、不衛生な環境になりやすいから。

    爪が伸びてくると、それに伴い周りの角質も増えてきます。また、なかなか石鹸の届かない範囲も出てきて、きちんと手洗いできていない状態になることもあります。雑菌の宝庫となってしまいます。きちんと定期的に4週間でお付け替えすることで、そこまで伸びずにきちんと手洗いすることもできるようになります。

  4. 見た目がとても良くない。

    伸びてくると、爪の根元が目立つようになったり、伸びた爪は何か物に当たりやすくなり、爪が内出血を起こしたり、割れたりする可能性が高まります。そして、ジェルつけたての時から変化して、バランスが悪く見えるようになってしまい、逆にだらしなさを表す物になってしまいます。
    せっかく美しくするためのジェルネイルが逆効果では残念です。

 


 

このようなことから、ジェルネイルには適切な装着期間があるんだよ〜ということを知っていただきたいなと思っています。

みなさんお忙しい中、サロンに通ってくださるのは大変だと思います。
だからとてもありがたく、心から感謝しています。ありがとうございます♪

 

私が施術を通して恩返しできることは、

  • 4週間ジェルトラブルなくお過ごしいただけるネイルに仕上げていくこと
  • 安全で衛生的なジェルネイルをご提供すること
  • それを維持されるのに必要な情報をお届けすること

だと思っています。

 

定期的にお付け替えをご検討されているお客様には、「ジェルオフ(フィルイン)無料サービス」もご用意しています。(通常は¥1,000となります)

※無料サービス適用になるのは…
ご来店時次回予約で、5週間以内の日にちで予約されその通りご来店くださった場合に適用しています。次回の当店オフ(フィルイン)が無料となります。(フットは6週間以内のお日にち)

※フィルインは、ハンドの当店ジェルのみ。それ以外は一度全部除去いたします。フットはオフのみ。

 

詳しくは初回ご来店時にご説明させていただいております♪
安全で清潔にジェルネイルを楽しみんでくださいね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です